• トップページ
  • 購入方法
  • メンテナンス
  • こだわり
  • お問い合わせ
 
ROLEX SS オイスタ− PRECISION ボーイズサイズ
Price 385,000 円(税込み)
商品に関しましてはお問合せ下さい
Click here for contact us

セヲノハセワコル

  • OMG No.10190
  • モデルネーム
  • Ref.2280
  • Serial.7****
  • ケースNo.
  • 機械No.
  • キャリバー10.5
  • 製造年代1939'S
  • 材質SSオイスターケース
  • ブレスレット
    ベルト素材
    SSオイスターリベットブレスレット
  • ケースサイズφ30mm

ROLEX SS オイスタ− PRECISION ボーイズサイズ ROLEX SS オイスタ− PRECISION ボーイズサイズ ROLEX SS オイスタ− PRECISION ボーイズサイズ ROLEX SS オイスタ− PRECISION ボーイズサイズ ROLEX SS オイスタ− PRECISION ボーイズサイズ ROLEX SS オイスタ− PRECISION ボーイズサイズ
ROLEX SS オイスタ− PRECISION ボーイズサイズ ROLEX SS オイスタ− PRECISION ボーイズサイズ ROLEX SS オイスタ− PRECISION ボーイズサイズ ROLEX SS オイスタ− PRECISION ボーイズサイズ ROLEX SS オイスタ− PRECISION ボーイズサイズ
ROLEX SS オイスタ− PRECISION ボーイズサイズ

ダイヤルコンディション
シルバーサテン×ホワイト2トーンブラックプリントゴールドアップライドアラビア数字及びアウターライルウェイトラックダイヤル ブルースチールポインテッドロジンジ針 スモールセコンド針付き
若干の経年変化は見られますが当時のままの初期型オイスターダイヤルとなっております。
ケースコンディション
大きな傷の無いとても良いコンディションです。
ムーブメントコンディション/メンテナンス後の精度データ

アンティークウォッチの精度について

キャリバー;10.5 15石 手巻き式
トータルコンディション
ロレックスは1926年に防水機構であるオイスターケースのパテントを取得して一気に防水ケース(オイスターケース)の製造を開始しました。防水ケースはどうしてもやや厚みのあるケースとなる事を前提に、高精度の機械と装身具として受け入れられる為の文字盤デザインの重要性はロレックス社の時計製造においては最も重要な部分と位置付け開発が行われてゆきました。こうして今日の完全防水の時計の礎が1930年代にほぼ完成していたと云っても過言ではないと思います。 そうした中で手巻き式防水時計においては、先ずはこの直径が29mm前後の紳士用手巻き時計が主流モデルとなりました。 その後1930年代から1940年代に早くも完成させた防水自動巻きモデル(通称バブルバックと呼ばれる最初期自動巻きモデル)までの間の数年間で、ベーシック防水ケースの形、それに対するデザインとしての文字盤を中心とした針との組み合わせ等ロレックス社のオイスターモデルのベーシックデザインがほぼ固まったと云えます。 この時期に手巻きモデル、ロレックスオイスター、スピードキング、ロイヤル等沢山のオイスター手巻きモデルが世界中で発売されました。  
 この時計は最も初期型のイギリス仕様らしい時計デザインとなったREF.2280モデルとなります。イギリス仕様モデルは文字盤のデザインがアラビア数字仕様の物が多く、初期型においては王冠マークのプリントが無い物も多く、またリューズがその後の手巻きモデルよりも大き目(6mm)、全てではありませんがブルースチール針も特徴となります。また、このモデルは残念ながらモデル番号の刻印が消えて見とれなくなっておりますが、ケース裏蓋内部刻印と15石の機械でREF.2280という事が判断出来ます。文字盤も2トーン仕上げでエンボス仕上げのアップライドになったゴールドの外周レイルウェイトラック、アラビア数字のインデックスとこの文字盤はイギリス仕様の中ではスタイリッシュデザインとなっております。全体にとても良いオリジナルコンディションとなっております。