• トップページ
  • 購入方法
  • メンテナンス
  • こだわり
  • お問い合わせ
 
ROLEX SS/14K.スムースベゼルオイスターパーペチュアル「DATEJUST」ブラックミラーダイヤル
Price 999,999,999 円(税込み)
商品に関しましてはお問合せ下さい
Click here for contact us

セヲノハセワコル

  • OMG No.10028
  • モデルネームDATEJUST
  • Ref.6304
  • Serial.64****
  • ケースNo.
  • 機械No.8****
  • キャリバー10.5 A296
  • 製造年代1953'S ( 裏蓋刻印 53 )
  • 材質SS/14K.オイスターケース
  • ブレスレット
    ベルト素材
    SS/14K.ジュビリーブレスレット(U.S.A.
  • ケースサイズφ36mm

ROLEX SS/14K.スムースベゼルオイスターパーペチュアル「DATEJUST」ブラックミラーダイヤル ROLEX SS/14K.スムースベゼルオイスターパーペチュアル「DATEJUST」ブラックミラーダイヤル ROLEX SS/14K.スムースベゼルオイスターパーペチュアル「DATEJUST」ブラックミラーダイヤル ROLEX SS/14K.スムースベゼルオイスターパーペチュアル「DATEJUST」ブラックミラーダイヤル ROLEX SS/14K.スムースベゼルオイスターパーペチュアル「DATEJUST」ブラックミラーダイヤル ROLEX SS/14K.スムースベゼルオイスターパーペチュアル「DATEJUST」ブラックミラーダイヤル ROLEX SS/14K.スムースベゼルオイスターパーペチュアル「DATEJUST」ブラックミラーダイヤル ROLEX SS/14K.スムースベゼルオイスターパーペチュアル「DATEJUST」ブラックミラーダイヤル
ROLEX SS/14K.スムースベゼルオイスターパーペチュアル「DATEJUST」ブラックミラーダイヤル ROLEX SS/14K.スムースベゼルオイスターパーペチュアル「DATEJUST」ブラックミラーダイヤル ROLEX SS/14K.スムースベゼルオイスターパーペチュアル「DATEJUST」ブラックミラーダイヤル ROLEX SS/14K.スムースベゼルオイスターパーペチュアル「DATEJUST」ブラックミラーダイヤル ROLEX SS/14K.スムースベゼルオイスターパーペチュアル「DATEJUST」ブラックミラーダイヤル
ROLEX SS/14K.スムースベゼルオイスターパーペチュアル「DATEJUST」ブラックミラーダイヤル ROLEX SS/14K.スムースベゼルオイスターパーペチュアル「DATEJUST」ブラックミラーダイヤル ROLEX SS/14K.スムースベゼルオイスターパーペチュアル「DATEJUST」ブラックミラーダイヤル

ダイヤルコンディション
ブラックミラー(ラッカー鏡面光沢)仕上げゴールドプリントアウター夜光ポインテッドゴールドアップライドバトン型インデックスダイヤル 夜光ゴールドアルファ型針 
ラッカー鏡面にヒビ、ダメージのほぼ無いとても良いコンディションです。 カレンダー表記は赤×黒表示 
ケースコンディション
大きな傷のないとても良いコンディションです。
ムーブメントコンディション/メンテナンス後の精度データ

アンティークウォッチの精度について

キャリバー;10.5 A296 自動巻き
トータルコンディション
ロレックス社の代表モデルは? 今や知名度の高い人気モデルが沢山ありますが、ロレックス社の考案した機能・機構の大まかな変遷を見てゆくと防水ケース、自動巻き機構、カレンダー機能が創成期の早い段階で主力モデルの基軸となっていた事が伺いしれます。 自動巻きのキャリバーの開発(1931年〜1936年頃)、カレンダー機構の搭載(1949年頃)は今後のあらゆるモデルの礎となりました。 広告資料をみてもロレックス社が最も広告に力を入れたモデルはカレンダーモデルのDATEJUST(1940年代後期)、DAYDATE(1956年頃)となります。 正に自動巻きカレンダーモデルはロレックス社がかなり力を注いだモデルである事が伺い知れます。  
 このモデルは通称”ビッグバブル”と呼ばれる自動巻き+カレンダー機構搭載の最初期モデルの一つとなります。 後のDATEJUSTをモデル番号順でいえば最初期に登録されたモデルがREF.4467、続いて5030までがバブルバッククラウン仕様、6031、6075、6104、6105はスーパーオイスタークラウン仕様、6304、6305が6mmクラウン(ここまでが全てバブルバックキャリバー)と変遷してゆきます。1950年代の中葉から後期にかけては両回転巻き上げ自動巻きキャリバーの1030系カレンダー機能モデルが開発されREF.6605(6mmクラウン)となりキャリバー1500系キャリバーのREF.1601へ変遷してゆきました。   
 このモデルはビッグバブルバックキャリバー(cal.10.5 A296)搭載の初期型DATEJUSTモデル、1953年製造のステンレススチールと14金ベゼルのコンビモデル、REF.6304となります。 ラッカー仕上げのブラックダイヤル仕様で文字盤のコンディションとしましてはほぼダメージの無いとても良いコンディションです。 ブレスレットはコンビジュビリーU.S.仕様ブレスレットとなります。 カレンダー表記は赤と黒交互のカレンダーディスク仕様となっております。 全体にダメージのない当時のままのとても良いコンディションとなっております。