• トップページ
  • 購入方法
  • メンテナンス
  • こだわり
  • お問い合わせ
 
ROLEX SSオイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーダイヤル BOX,保証書
Price 0 円(税込み)
商品に関しましてはお問合せ下さい
Click here for contact us

セヲノハセワコル

  • OMG No.10020
  • モデルネームEXPLORER 1
  • Ref.1016
  • Serial.13*****
  • ケースNo.
  • 機械No.8****
  • キャリバー1570
  • 製造年代1966'S ( 裏蓋刻印 66 )
  • 材質SSオイスターケース
  • ブレスレット
    ベルト素材
    SSオイスターリベットブレスレット
  • ケースサイズφ36mm

ROLEX SSオイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーダイヤル BOX,保証書 ROLEX SSオイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーダイヤル BOX,保証書 ROLEX SSオイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーダイヤル BOX,保証書 ROLEX SSオイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーダイヤル BOX,保証書 ROLEX SSオイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーダイヤル BOX,保証書 ROLEX SSオイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーダイヤル BOX,保証書 ROLEX SSオイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーダイヤル BOX,保証書 ROLEX SSオイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーダイヤル BOX,保証書 ROLEX SSオイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーダイヤル BOX,保証書 ROLEX SSオイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーダイヤル BOX,保証書
ROLEX SSオイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーダイヤル BOX,保証書 ROLEX SSオイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーダイヤル BOX,保証書 ROLEX SSオイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーダイヤル BOX,保証書 ROLEX SSオイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーダイヤル BOX,保証書 ROLEX SSオイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーダイヤル BOX,保証書
ROLEX SSオイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーダイヤル BOX,保証書 ROLEX SSオイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーダイヤル BOX,保証書 ROLEX SSオイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーダイヤル BOX,保証書 ROLEX SSオイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーダイヤル BOX,保証書 ROLEX SSオイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーダイヤル BOX,保証書

ダイヤルコンディション
ブラックミラー(鏡面光沢)仕上げゴールドプリント夜光ポイントインデックスダイヤル 夜光メルセデス型針 ダイヤルに焼けが見られ中央を境にブラウン色に焼けた経年変化が顕著に見られるとても良いコンディションです。
文字盤全体は光沢感が強いとても良いコンディションです。
ケースコンディション
大きな傷の無いとても良いコンディションです。
ムーブメントコンディション/メンテナンス後の精度データ

アンティークウォッチの精度について

キャリバー;1570 最初期1570でハック(秒針停止)機能はありません。自動巻
トータルコンディション
1953年、ジョン・ハント隊長率いるイギリス・エベレスト登頂隊のヒラリー卿とシェルパのテンジンらが5月29日にエベレスト登頂に成功したのを記念し、夜光アラビア数字のブラックダイヤルモデルにEXPLORERとネームが入れられました。 その後最終的にはロレックス社の沢山のモデルの中で、文字盤に夜光塗料の数字を使った文字盤はエクスプローラーモデルのみとなり、1989年のREF.14270がREF.1016の後継機種として登場し、コンピューター製造機器による時計製造が本格的に始動しました。近代的な数字を使ったモデルのEXPLORERモデルとなり、文字盤の上に直に夜光数字を載せるという旧式の文字盤デザインは廃止となりました。   
 このモデルは1966年製造のEXPLORER 1で、ダイヤルは初期型のラッカー光沢仕上げのミラーダイヤルの後期型(サークル無し)となっております。 近年にこれらのスポーツモデルの価格が高騰してますが、その極みの評価の一つが各スポーツモデルの最初期の時計に存在しますラッカー仕上げのミラーダイヤルとなります。アンティーク時計の特徴は、今のようなオートメーション化した製造機械が無い時期に時計職人たちが創意工夫を重ねて丁寧に仕上げた品々であるという事と長年年月を経た経年変化の味わいとなると思います。その評価としましては現在どのような状態であるかという事に尽きるかと思います。経年変化の一つで文字盤のラッカーが焼けによりブラウン系になったもを通称”トロピカルダイヤル”と呼んでおりますが、その経年変化とヒビ等のダメージがどのような状態なのかはかなりの評価のポイントとなっております。  
 この時計に関しまして言えば、ほぼダメージのない鏡面光沢仕上げ文字盤の素晴らしいコンディション、夜光塗料も文字盤と針ともども均一な焼け具合であり、ケースもほぼ目立つ傷が無く、ブレスレットも駒間の緩みのないとても良い状態となっております。 オリジナルボックス、保証書(ブランクですが1966年の記事プリントが入ったもので鉛筆書き?の1016が薄っすら見えております。)外しました予備駒、当時のEXPLORERディスプレー用アイキャッチャーが揃っております。