• トップページ
  • 購入方法
  • メンテナンス
  • こだわり
  • お問い合わせ
 
ROLEX SSコスモグラフ「DAYTONA」 修理明細書付き
Price 8,470,000 円(税込み)
商品に関しましてはお問合せ下さい
Click here for contact us

セヲノハセワコル

  • OMG No.9907
  • モデルネームDAYTONA
  • Ref.6241
  • Serial.2******
  • ケースNo.
  • 機械No.
  • キャリバー722-1
  • 製造年代1969'S〜1970'S
  • 材質SSオイスターケース
  • ブレスレット
    ベルト素材
    SSオイスターリベットブレスレット
  • ケースサイズφ37mm

ROLEX SSコスモグラフ「DAYTONA」 修理明細書付き ROLEX SSコスモグラフ「DAYTONA」 修理明細書付き ROLEX SSコスモグラフ「DAYTONA」 修理明細書付き ROLEX SSコスモグラフ「DAYTONA」 修理明細書付き ROLEX SSコスモグラフ「DAYTONA」 修理明細書付き ROLEX SSコスモグラフ「DAYTONA」 修理明細書付き ROLEX SSコスモグラフ「DAYTONA」 修理明細書付き ROLEX SSコスモグラフ「DAYTONA」 修理明細書付き ROLEX SSコスモグラフ「DAYTONA」 修理明細書付き
ROLEX SSコスモグラフ「DAYTONA」 修理明細書付き ROLEX SSコスモグラフ「DAYTONA」 修理明細書付き ROLEX SSコスモグラフ「DAYTONA」 修理明細書付き ROLEX SSコスモグラフ「DAYTONA」 修理明細書付き ROLEX SSコスモグラフ「DAYTONA」 修理明細書付き
ROLEX SSコスモグラフ「DAYTONA」 修理明細書付き ROLEX SSコスモグラフ「DAYTONA」 修理明細書付き ROLEX SSコスモグラフ「DAYTONA」 修理明細書付き ROLEX SSコスモグラフ「DAYTONA」 修理明細書付き

ダイヤルコンディション
ブラックマットシルバープリントアウター夜光ポインテッドアップライドバトン型インデックスダイヤル 夜光バトン型針 文字盤に赤い6時側にシルバーのDAYTONAプリント アウター夜光ドットの剥離個所、またインダイヤルに変色箇所もございまが当時のままのオリジナルコンディションです。
ケースコンディション
大きな傷のないとても良いコンディションです。
ムーブメントコンディション/メンテナンス後の精度データ

アンティークウォッチの精度について

キャリバー;722−1 手巻き式 
トータルコンディション
ロレックス社の時計は一言で云うなら、何といっても耐久性を最重要視した機能美を兼ね備えた時計といっても過言ではないと思います。中でも1960年初頭から作られた、計時機能付きクロノグラフ、コスモグラフ・デイトナはデザイン的にも機能的にも完成度の非常に高い時計として近年高い評価を得ている時計です。今日においてもロレックス社を代表するモデルの一つとなっていおります。 ロレックス社の最初の腕時計クロノグラフは1926年に登場しましたREF.2303と云われております。 以来常にその時代に即したクロノグラフを切らすことなく世に送り出してきました。その中でも1960年初頭から作られた、計時機能付きクロノグラフ、コスモグラフ・デイトナはデザイン的にも機能的にも完成度の非常に高い時計として近年高い評価を得ている時計です。 1962年より1989年まで製造された、所謂手巻きのコスモグラフ・デイトナモデルです。
 このモデルは初期型コスモグラフ・デイトナのノンオイスターモデルのブラックベゼル仕様のREF.6241となっております。 ダイヤルはブラックマットにシルバープリントとなっており、6時側12時間積算計の上にシルバーのDAYTONAプリント仕様となっております。ダイヤルのアウター夜光ポイントは剥離箇所がございます。また、インダイヤルに若干の変色が見られますが、当時のままのオリジナルコンディションとなっております。ブレスレットは古いオイスターリベットブレスレットで、とても良いコンディションとなっております。また、ケースのコンディションとしましては若干の使用傷はありますがケース全体としては十分厚みの残った良い状態でベゼルもヒビ、傷のないとても良いコンディションとなっております。 ストップウォッチ針は後続のスクリュープッシャー仕様のオイスターモデル用の先の長いトライアングルポイントとなっておりますが、ノンオイスターモデルの最後期となりますのでもしかすると年代的に70年代に近い製造品ですのでオイスターモデル用の二等辺三角形型仕様であった可能性もございますが、交換された可能性も否めません。1999年に日本ロレックスにてメンテナンス済で修理明細書付きとなっております。