• トップページ
  • 購入方法
  • メンテナンス
  • こだわり
  • お問い合わせ
 
ROLEX SS オイスターパーペチュアル「SUBMARINER」For COMEX
Price 999,999,999 円(税込み)
商品に関しましてはお問合せ下さい
Click here for contact us

セヲノハセワコル

  • OMG No.9826
  • モデルネーム「SUBMARINER」For COMEX
  • Ref.5514
  • Serial.4******
  • ケースNo.
  • 機械No.
  • キャリバー1520
  • 製造年代1972'S ( 裏蓋刻印 72 )
  • 材質SSオイスターケース
  • ブレスレット
    ベルト素材
    SSオイスターフォルデッドフリップロックブレスレット
  • ケースサイズφ40mm

ROLEX SS オイスターパーペチュアル「SUBMARINER」For COMEX ROLEX SS オイスターパーペチュアル「SUBMARINER」For COMEX ROLEX SS オイスターパーペチュアル「SUBMARINER」For COMEX ROLEX SS オイスターパーペチュアル「SUBMARINER」For COMEX ROLEX SS オイスターパーペチュアル「SUBMARINER」For COMEX ROLEX SS オイスターパーペチュアル「SUBMARINER」For COMEX ROLEX SS オイスターパーペチュアル「SUBMARINER」For COMEX ROLEX SS オイスターパーペチュアル「SUBMARINER」For COMEX
ROLEX SS オイスターパーペチュアル「SUBMARINER」For COMEX ROLEX SS オイスターパーペチュアル「SUBMARINER」For COMEX ROLEX SS オイスターパーペチュアル「SUBMARINER」For COMEX ROLEX SS オイスターパーペチュアル「SUBMARINER」For COMEX ROLEX SS オイスターパーペチュアル「SUBMARINER」For COMEX
ROLEX SS オイスターパーペチュアル「SUBMARINER」For COMEX ROLEX SS オイスターパーペチュアル「SUBMARINER」For COMEX ROLEX SS オイスターパーペチュアル「SUBMARINER」For COMEX

ダイヤルコンディション
ブラックマットホワイトプリント夜光ポイントインデックスダイヤル
夜光メルセデス型針 夜光塗料が多少焼けているが年代を感じさせる良いコンディションです。
ケースコンディション
コメックス社独自のシードゥエラーと同様のヘリウムガス抽出バルブ付き特殊ケース 裏蓋にROLEX COMEXの刻印
大きな傷のない良いコンディションです。
ムーブメントコンディション/メンテナンス後の精度データ

アンティークウォッチの精度について

キャリバー;1520  自動巻
トータルコンディション
人類の歴史的観点で辿ってみますと1945年の第二次世界大戦後、当然戦勝国であった連合国側においては戦後の好景気を迎え、連合国側国家においては目覚ましい発展を遂げて行きました。 それは全ての分野に置いて優先権を獲得した事に因り各国内産業は国外の同盟国との貿易拡大へと舵を切り、それと同時に貿易の原資となる産業開発、資源調達が国策として推し進められて行きました。その様な中で今までは海産物を中心とした海洋資源に置いても未知数であった自国の領海内における資源調査に伴い研究開発が必然的に求められるところとなりました。フランスも当然北にドーバー海峡、西に大西洋、南に地中海と南北海に囲まれていた為、エネルギー資源、鉱物資源等の調査を積極的に進めて居ました。 元々は海洋機器メーカーであったコメックス社は当初、海中居住、潜水技術においては世界のトップレベルの会社でした。次第に領海内にあるの海洋調査研究機関とリンクしてゆき世界屈指の海洋滞在技術のシミュレーション装置まで有した企業となりました。その結果、ロレックス社の潜水用防水モデルのサブマリーナーモデルの開発にも提携先として繋がって行きました。COMEX社の実験にロレックス社の時計を貸与する形で ロレックス社としても大切な提携先となった訳です。当社はロレックス社がサンプリングの形で年間50個前後(年代に因り差異あり。)時計を貸与した言われています。 コメックス社の研究事業における研究者達が海中調査、潜水艇等の活動において使用し、それをロレックス社がデータ収集し、後のヘリウムガス抽出バルブ付き防水ケースのシードゥエラーの開発に至ったと言われています。 REF.5513モデルにヘリウムガス抽出バルブを付けたモデルとして、また、シードゥエラーヘリウムガスエスケープバルブ付き防水ケースのプロトタイプモデルとしてREF.5514が作られました。 このヘリウムガス抽出バルブの効果に因って風防の破損事故が無くなり、REF.5514モデルに関しては1972年から貸与されたと云われておりコメックス社発注の150個のみの製造数であったと言われています。   
 このモデルは5514モデルの最初期モデルで正に1972年製の物となります。 最初期モデルには文字盤にCOMEXのロゴマークの無いものが存在します。 また、裏蓋への刻印も当初は支給番号がとても小さく刻印されたようで、この時計に関しますと、刻印がはっきり分かりません。 理由ははっきりしませんが、もしかするとコメックス側にあくまでも貸与支給品なので裏蓋の番号が分かれば使用していた職員が分かる為、消されたのかも知れません。 しかしながら裏蓋内側には当時コメックス社の指定スペックとしてのシリアル番号の刻印が見られます。