• トップページ
  • 購入方法
  • メンテナンス
  • こだわり
  • お問い合わせ
 
Hanhart SSスクリューバックコーティングケース ドイツ空軍パイロット「クロノグラフ」
Price 825,000 円(税込み)
商品に関しましてはお問合せ下さい
Click here for contact us

セヲノハセワコル

  • OMG No.#8775
  • モデルネーム
  • Ref.
  • Serial.C9*****
  • ケースNo.11****
  • 機械No.1****
  • キャリバー41
  • 製造年代1940'S
  • 材質SSスクリューバックコーティングケース
  • ブレスレット
    ベルト素材
  • ケースサイズφ41mm

Hanhart SSスクリューバックコーティングケース ドイツ空軍パイロット「クロノグラフ」 Hanhart SSスクリューバックコーティングケース ドイツ空軍パイロット「クロノグラフ」 Hanhart SSスクリューバックコーティングケース ドイツ空軍パイロット「クロノグラフ」 Hanhart SSスクリューバックコーティングケース ドイツ空軍パイロット「クロノグラフ」
Hanhart SSスクリューバックコーティングケース ドイツ空軍パイロット「クロノグラフ」 Hanhart SSスクリューバックコーティングケース ドイツ空軍パイロット「クロノグラフ」 Hanhart SSスクリューバックコーティングケース ドイツ空軍パイロット「クロノグラフ」 Hanhart SSスクリューバックコーティングケース ドイツ空軍パイロット「クロノグラフ」

ダイヤルコンディション
ブラックマットホワイトプリント夜光アラビア数字インデックスダイヤル 夜光スケルトン型針 3時位置に30分積算計付き
とても良いオリジナルコンディションとなっております。
ケースコンディション
使用感はありますが大きな傷の無い良いコンディションです。 裏蓋刻印;BODEN EDELSTAHL  WASSERGESCHUTZT STOSSFEST  11****
ムーブメントコンディション/メンテナンス後の精度データ

アンティークウォッチの精度について

キャリバー;41 手巻き式
トータルコンディション
ハンハート社はドイツ時計産業の1940年代を代表するウォッチメーカーの一つです。元々時計製造は精密機械工業としてほぼ国営に近い産業として育まれていましたが、第二次大戦後、旧ソビエトの管理下に置かれた東ドイツ圏は、ますます軍事産業としての精密機械工業の中心地となって行きました。東西冷戦終結後、軍事産業として残っていた時計製造工場は、東側諸国の一員として機械化が遅れた事により、皮肉にも伝統的な丁寧な製造方法でしか時計が作れなかったが故、今日の評価に値する時計会社として近年に改めて評価されるという結果となりました。 この時計ももちろん軍用機のパイロット用クロノグラフとして製造されたもので東西冷戦終結まではあまり市場に出回ることのない国営工場下で製造された官給品でした。、機械的には決してレベルの低くない独自性のあるフライバック機能付きキャリバーとなっております。ケースは使い込まれた状態になっていますが、全て当時のままのオリジナルコンディションとなっております。