• トップページ
  • 商品一覧
  • 購入方法
  • メンテナンス
  • こだわり
  • お問い合わせ
 
ROLEX 9K.コインエッジベゼルオイスタークッションケース 紳士用手巻き
Price 828,000 円(税抜)
商品に関しましてはお問合せ下さい
Click here for contact us

セヲノハセワコル

  • OMG No.#9374
  • モデルネーム
  • Ref.678
  • Serial.3****
  • ケースNo.
  • 機械No.
  • キャリバー10.5
  • 製造年代1934'S
  • 材質9K.コインエッジベゼルオイスタークッションケース
  • ブレスレット
    ベルト素材
  • ケースサイズφ32mm×32mm

ROLEX 9K.コインエッジベゼルオイスタークッションケース 紳士用手巻き ROLEX 9K.コインエッジベゼルオイスタークッションケース 紳士用手巻き ROLEX 9K.コインエッジベゼルオイスタークッションケース 紳士用手巻き ROLEX 9K.コインエッジベゼルオイスタークッションケース 紳士用手巻き
ROLEX 9K.コインエッジベゼルオイスタークッションケース 紳士用手巻き ROLEX 9K.コインエッジベゼルオイスタークッションケース 紳士用手巻き ROLEX 9K.コインエッジベゼルオイスタークッションケース 紳士用手巻き ROLEX 9K.コインエッジベゼルオイスタークッションケース 紳士用手巻き

ダイヤルコンディション
ホワイトマットサンバースト仕上げブラックプリントローマ数字インデックスダイヤル ブルースチールスティックバトン型針 スモールセコンド針付 
僅かに経年変化は見られますが当時のままのとても良いオリジナルコンディションです。
ケースコンディション
大きな傷のないとても良いコンディションです。
裏蓋刻印;K.L DEC.20TH 1935
ムーブメントコンディション/メンテナンス後の精度データ

アンティークウォッチの精度について

キャリバー;10.5 15石 手巻き式
トータルコンディション
ロレックス社が1926年にオイスターケースのパテントを取得して本格的に生産に踏み切った創成期においては当初の防水ケースは裏蓋、リューズ、表のガラス縁ベゼルの接点が全て捻じ込み式となった所謂3ピースケースとなっておりました。創成期においてはミドルケースの形状にイレギュラーも含めますと多種存在しておりますが、大方このクッション型とオクタゴン型が中心に作られておりました。そして今日のオイスターケースの原点となりましたトノー型=基本円形でラグが大き目の初期の手巻きモデル、バブルバックと呼ばれます最初期自動巻きモデルへと移行し今日のほとんどのオイスターケースの原型が1930年頃に完成しました。 
このモデルは1930年代の初期の防水クッション型ケースです。後のロレックスを代表する多くのモデルのフルーテッドベゼル(細かい刻みの掘り込み型)の原型であるコインエッジ型ベゼルはミドルケース内部に機械の外側の筒状リングにネジ切りがしてあり上から捻じ込んで防水を保つ構造で、下の裏蓋が下から同じように捻じ込みによって機械を挟み込むような形でミドルケース内の機械と文字盤を保護するような防水ケース構造になっていました。後のフルーテッドベゼルはもしかするとこの初期型のコインエッジ゙状のガラス縁の刻みで工具に因る開閉をするようになっていましたので、デザインというよりその名残かもしれません。
文字盤はサンバースト仕上げで下地に細かな掘り込みの線を入れて仕上げた文字盤で当時のロレックス社が防水だけ担保するのではなく、デザイン的にも重視していた姿勢が伺える仕様となっております。ケース・文字盤・機械どの部分にも大きなダメージのない大切に扱われた事が窺い知れるとても良いコンディションとなっております。